結婚式・披露宴のパーティードレス
結婚相談所で出逢ったパートナーと幸せな結婚式を!

キリスト教(教会)式結婚式

キリスト教(教会)式結婚式 〜結婚相談所から結婚式へ〜

≪キリスト教(教会)式結婚式


キリスト教の結婚式は、キリスト教徒が神と証人の前で結婚の約束の永遠性を誓うというのが本来の意味です。そのため宗派によっては信徒でなければ結婚式があげられない教会や、結婚式を希望するカップルに一定期間教会での結婚講座を勧める教会もあります。

 
進行は、主に先に新郎が入場し、新婦がウェディングドレスを身にまとい、エスコートする者(通常は実父)と共に入場します。バージンロードといわれる通路を進み、エスコートする者が新郎に新婦を引き渡します。以下順序等の違いはありますが、賛美歌(聖歌)、聖書の朗読、神の前での誓い、それに対する祝福、結婚誓約書・婚姻簿への記入、指輪の交換、誓いのキス、等が行われます。
 
ブーケ・トス、ライスシャワー、フラワーシャワー(花を降らせ、花の香りでまわりを清め、新郎新婦の幸せをねたむ悪魔から守る儀式)等が新郎新婦退場の際に行われます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。