結婚式・披露宴のパーティードレス
結婚相談所で出逢ったパートナーと幸せな結婚式を!

結納について

関東と関西の結納品の違い 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結 納 品
結納品として用いられる物も地域によって違いがあります。結納品にはそれぞれめでたい意味づけがなされています。結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられます。関東と関西でその内容が異なるようです。結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされ、偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けられます。

≪関東の結納品≫
関東では、新郎・新婦とも同格の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされています。結納品は一式ずつ一つの白木台に乗せられ、結納金の半額を結納返しとします。結納品自体は関西よりもシンプルな物であるようです。  

目 録(も く ろ く):結納品の品名と数量を記載。
             関東では目録を一品と数える。 
長熨斗(な が の し):のしアワビ。長寿をイメージ
金包包(きんぽうづつみ):結納金・結納返しをいれる。
             結納金は「御帯料」、結納返しは「御袴料」とも。
勝男武士 (かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
寿 留 女(す る め):スルメ。末永く幸せを願うため
子 生 婦(こ ん ぶ):昆布。子孫繁栄を表す
友 白 髪(ともしらが):白い麻糸。白髪になるまで夫婦仲良く
末 広(す え ひ ろ):白い扇。末広がりの繁栄を願うため
家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

 
≪ 関西の結納品≫
関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものとされています。新郎側は、結納金の1割程度にあたる価格の結納品を用意します。結納品は関東よりも豪華な物となり、一品ずつ白木の台に乗せられます。新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈ります。家族書・親族書などが付されることもあります。  

熨    斗(の   し):のしアワビ。長寿をイメージ 
末  広(す え ひ ろ):白い扇。末広がりの繁栄を願うため 
小 袖 料(こそでりょう):結納金を入れる
              (京都では「帯地料」、神戸では「宝金」という)。
結 美 和 (ゆ び わ):婚約指輪。
高  砂(た か さ ご):尉(じょう。老翁。)と姥(うば。老婆。)の人形。
              年老いるまで仲睦まじくという意味
寿 留 女(す る め) :スルメ。末永く幸せを願うため
子 生 婦(こ ん ぶ) :昆布。子孫繁栄を表す
松魚料 (まつうおりょう):鰹節。男性の力強さをイメージ 
柳樽料(やなぎだるりょう):酒樽。家庭円満をイメージ

     結納セット 9品



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。