結婚式・披露宴のパーティードレス
結婚相談所で出逢ったパートナーと幸せな結婚式を!

結婚相談所とは?

結婚相談所とは? 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結婚相談所(けっこんそうだんじょ)は、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、お引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの会社のことです。従業員1〜2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、大小の結婚相談所が全国で数多く存在します。
 
入会資格は、独身で結婚を前提としたお付き合いを希望する人となっています。 男性の場合は、定年退職者を除いて、定職についているということが入会条件になっている会社が多いです。他にも、職種や収入で入会を制限している会社も多くあります。 結婚相談所の入会に当たっては、独身証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明などの本人確認の書類の提出を必要とする会社がほとんどです。
                   ウィキペディア(Wikipedia)より


 

あなたの理想のパートナーを見つけるために結婚相談所のプロの手を借りてみませんか?
 

誰もが考えることです――――
「好きな人に愛されたい」「理想の恋人と一緒に、楽しい時間をすごしたい」
「愛されて素敵な結婚をしたい」
しかし、実際にはなかなかうまくいかないものです。男女が愛し愛されることは、すばらしいことです。しかし、その愛情関係をずっと保つのは、簡単なことではありません。


悩みは無いですか?――――
「私の恋は、いつも途中で終わってしまう。」「どうしても結婚まで続かないいう」という悩みは無いですか? 
貴女は貴女自身の価値観や良い所を分かっていないからです。
自分自身を理解して、自分をどんどん磨いていくことができれば恋人とよい関係を築き、結婚へと続くでしょう。

 結婚相談所は――――


あなた自身を分析し、貴女にぴったり合った素敵な人を選んでくれます。
今までに多くの人を見てきたアドバイサーたちが力になってくれます。


マリッジリング LANVINランバン


結婚相談所とは?

結納 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結納とは、結婚の確約の儀式、婚約式です。両家が親類となって「結」びついたことをお祝いし、贈り物を「納」め合うということをいいます。一般的には新郎家から、新婦家へ、お金と縁起物の品を納めます。結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになります。他の冠婚葬祭と同様に、地域によってその仕来りは様々です。
最近では、格式張った結納を行わず、結婚式・結婚披露宴に先立って新郎新婦と両親や家族と共にする食事会等で、婚約の確認をする事も多いです。また、仲人を立てないことも多いようです。

近年では、結納を男尊女卑の産物として避ける女性が増えているとの意見もありますが、結納の儀式は男尊女卑として軽視する一方、結納金に相当する金銭の授受だけは要求する女性が増えているとの意見もあります。
                ウィキペディア(Wikipedia)より  

≪結納の手順≫
結納は、地域によって違いはあるようですが、正式には次のような手順で行われます。

仲人が新郎家へ赴いて、結納品を預かります。
仲人が結納品を新婦家へ持参して、手渡します。
新婦家で仲人をもてなします。
新婦家が仲人へ結納品の受書と結納返し(関東では新婦家からの結納品)を預けます。
仲人が新郎家へ結納品の受書と結納返しを持参して、手渡します。

略式には、仲人と新郎家が新婦家へ赴き、結納品と結納返しの授受を行い、新婦家が饗応します。
新郎家・新婦家・仲人が料亭やホテルなどに一同に会して、結納品と結納返しの授受を行い、会食する方法などがあります。 
尚、男性が女性の家に婿に入る婿取り婚の場合は新郎家、新婦家が反対となります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。