結婚式・披露宴のパーティードレス
結婚相談所で出逢ったパートナーと幸せな結婚式を!

神前式(しんぜんしき)結婚式

神前式(しんぜんしき)結婚式 〜結婚相談所から結婚式へ〜

≪神前式(しんぜんしき)結婚式


 神前式結婚式の具体的な式順としては巫女の先導で新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順番に入場し、最後に斎主が入場します。

 
巫女が式の始まりを宣言し、斎主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼をします。禊を行う為、斎主が幣を振って穢れを祓います。一堂は起立したまま軽く頭を下げて、これを受けます。斎主が神前で二人の結婚を神に報告して、神の加護を願います。一堂は起立して頭を下げます。
 
三々九度の杯を交わします。新郎が一の杯を受け、次に新婦がその杯を飲み干します。二の杯は新婦から新郎の順、三の杯は新郎から新婦の順で、どの杯も必ず三口で飲み干します。新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げます。新郎が本文を読み、自分の名前の部分は新婦が読みます。玉串を神前に捧げ「二拝二柏手一拝」の順で拝礼して、席に下がるときはお互いに背を向けないように内回りで体の向きを変えます。
 
新郎新婦に続いて媒酌人、親族代表が玉串を捧げます。両家が親族となった誓いを交わし、両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴きます。斎主が式を無事終わらせたことを神に報告して、一拝して、一堂は起立して拝礼します。その後斎主が祝いの挨拶をして、一堂で拝礼します。斎主退場の後、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場します。式の後披露宴に移ります。日本の結婚式のなかでは神前式結婚式が1995年前後まで最も多かったようです。
 
 sz.jpg


この記事へのコメント
他の人が言ってる名言や格言って良い事言ってるな〜とか思ってる方、名言チェッカーで今日から自分に相応しい言葉を見つけませんか!!これでどんな人にも一目置かれる存在に為れますよ
名言チェッカー at 2010年08月03日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。