結婚式・披露宴のパーティードレス
結婚相談所で出逢ったパートナーと幸せな結婚式を!

結婚相談所とは?

結婚相談所とは? 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結婚相談所(けっこんそうだんじょ)は、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、お引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの会社のことです。従業員1〜2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、大小の結婚相談所が全国で数多く存在します。
 
入会資格は、独身で結婚を前提としたお付き合いを希望する人となっています。 男性の場合は、定年退職者を除いて、定職についているということが入会条件になっている会社が多いです。他にも、職種や収入で入会を制限している会社も多くあります。 結婚相談所の入会に当たっては、独身証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明などの本人確認の書類の提出を必要とする会社がほとんどです。
                   ウィキペディア(Wikipedia)より


 

あなたの理想のパートナーを見つけるために結婚相談所のプロの手を借りてみませんか?
 

誰もが考えることです――――
「好きな人に愛されたい」「理想の恋人と一緒に、楽しい時間をすごしたい」
「愛されて素敵な結婚をしたい」
しかし、実際にはなかなかうまくいかないものです。男女が愛し愛されることは、すばらしいことです。しかし、その愛情関係をずっと保つのは、簡単なことではありません。


悩みは無いですか?――――
「私の恋は、いつも途中で終わってしまう。」「どうしても結婚まで続かないいう」という悩みは無いですか? 
貴女は貴女自身の価値観や良い所を分かっていないからです。
自分自身を理解して、自分をどんどん磨いていくことができれば恋人とよい関係を築き、結婚へと続くでしょう。

 結婚相談所は――――


あなた自身を分析し、貴女にぴったり合った素敵な人を選んでくれます。
今までに多くの人を見てきたアドバイサーたちが力になってくれます。


マリッジリング LANVINランバン

結婚相談所のサービス

結婚相談所のサービス 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結婚情報サービスが独身男女の「出会い」そのものに重きを置いているのに対して、結婚相談所の大きな特徴は、「出会い」だけでなく、会員に「結婚」してもらうことに重きを置いている場合が多く、それゆえ成果報酬型(成婚料)を採用している会社が多い。最近では、お見合いやお付き合いもさまざまなニーズがあり、専属のカウンセラーがつき、結婚まできめ細かなアドバイスやフォローが受けられる結婚相談所に人気があつまりつつあります。
         ウィキペディア(Wikipedia)より

 

結婚相談所のサービス――――
真剣に結婚したいと望んでいる独身の方々を対象に、パートナー探しのための情報や機会を提供しています。
 それぞれの結婚相談所には、様々なプランや情報提供やサービスをしています。利用者の利用料は一年で総額20万円から30万円ほどが平均です。入会金、月会費、イベント参加費、データ管理費などいろいろとありますが、それぞれの結婚相談所の契約内容とサービスをよく理解し、自分に最適な所を選ぶことが大切です。

 

結婚相談所の期間――――
サービス内容や活動頻度などで違いはありますが、それぞれの結婚相談所を平均すると約1年から2年です。期間を短くするポイントは積極的にパーティやイベントに参加して、出会いの機会を多く持つ事や、経験豊富なカウンセラーをうまく活用することなどです。

これからの結婚相談所

結婚相談所の今後〜結婚相談所から結婚式へ〜

男性の入会に関しては職種・収入など条件が厳しい場合が多いのに対し、女性の場合は年齢のみが条件という結婚相談所がほとんどで、この入会条件の差が男性差別であるとの指摘がある。中には男性の入会条件が緩和できないなら、女性の入会条件を「一通りの家事ができる事」「結婚したら仕事をやめる事」「容姿端麗である事」などもっと厳しくして、男性と同等にすべきだという意見もあります。
 
ほとんどの結婚相談所の費用(入会金など)が男性の方が高額です。女性が結婚相手に婿入りしてもらう事を希望する場合は女性側に男性並の費用がかかることがありますが、婿入り希望の男性の費用が安くなる事は皆無です。これも男女の経済力の格差がなくなってきた近年では男性差別であるという意見もあります。
近年は主夫として家庭で家事や育児に専念する男性が増えており、主夫を希望する男性や結婚相手に主夫になってほしい女性のための結婚相談所のサービスも始めるべきだという意見もあります。 tk.jpg
                   ウィキペディア(Wikipedia)より

本気で探したい方へ

本気でパートナーを探したい方〜結婚相談所から結婚式へ〜

本気でパートナーを探したい方


結婚に対する理想は千差万別。理想の結婚相手、生活設計、生活スタイルは一人ひとり違います。
結婚相談所は多くの人を見つめ、互いの性格や理想を考慮してくれます。結婚相談所を利用して本当にご自分に合ったパートナーを見つけて下さい。

 
考えているだけでは、どんどん月日は経ってしまいます。幸せな結婚を望むのであれば「行動」に移すことが大切です。


心配や不安もあるでしょうが、そういう事もアドバイサーに直接ぶつけることも大切です。「本音」を言わなければベストパートナーは見つかりません。理想と現実は往々にしてあると思いますが、できるだけ理想に近づけるようにお手伝いをしてくれます。

今までの無くした恋を癒してくれるのは時間だけではありません。信頼できるパートナーに出会えれば、これからの人生は変わります。
これから先を考えると、今が一番若いのです。年々か先に「あの時に入会していれば人生が変わっていたかもしれない…」と後悔しないために、今、試されるの貴方の行動力です。 sto.jpg 

「いい人」って?

いつも<いい人>で終わってしまう方へ 〜結婚相談所から結婚式へ〜

 お見合いのお断りの返事でよくあるのが、「いい人だったのですが、私にはもったいないです。」この後、さらにこう続きます、「あの方はすぐ結婚できると思います。だってとてもいい人ですから…。」
いい人」って??
 
世の中には3つのタイプの人間がいるといいます。
1. いつも一緒にいたい人
2. いてほしくない人
3. いてもいなくても、どうでもいい人
 
お見合いで言う「いい人」とは、まさに3の「いてもいなくても、どうでもいい人」に属する人です。
もちろん「悪い人」より「いい人」の方がいいのですが、こと結婚に関しては、「いい人」だけでは結婚の対象になりません。
「いい人」は当たり前。これに、あと何かプラスアルファーがなければならないのです。 「いい人」と呼ばれる人は、特にまじめで優しい人に多いのです。
 
確かにこんな人は結婚するなら申し分ないかもしれませんが、お見合いの相手は、これに何か物足りなさを感じます。
「足りないものって何?今さら性格は変えられない。」って?

心配無用!性格を変える必要はありません。
いい人」は、お見合い方法を少し変えるだけで、簡単に成功します。
実は「お見合い」にはちょっとしたコツがあるのです。
 
コツを知りたい方はこちら 
   

↓ ↓ ↓ 
結婚のためのお見合いノウハウ!

 rig.gif
 
 

上手にしゃべるコツ

上手にしゃべるコツ 〜結婚相談所から結婚式へ〜

 ラジオのパーソナリティである高嶋 秀武さんは話のおもしろい人、つまらない人の中でこのように話しています。  
特に流暢にしゃべるわけでもなく、おもしろいネタがあるわけでもないのに、なぜか話していて楽しい人だと思われる、そういう人たちには上手にしゃべるコツの共通点がります。
それは、相手に不快感を与えずに自分の考えやホンネを自分のことばで語れるということです。つまり、どれだけ心を開いて自分をさらけだせるかが、人に好かれる話ができるかどうかを決めるという事です。   これまでの日本人、特に日本人男性は、会社では察する能力に長け、家では夫婦以心伝心で、多くを語らなくても用が足りてきました。しゃべりも筋肉と同じで、使わないでいるとどんどん退化します。しかし、これからの時代はそれでは済みません。しゃべることに意識的であり、相手のタイプや会話のシチュエーションにぴったりはまる話ができる人に、人が集まるのです。
 
 
≪好感をもたれる会話術のための書籍≫
聞き上手になる本
こんな人に、心を開いて話をしたい!自分ばかりしゃべりすぎたり、相手の話を“うわのそら”で聞いていては、好感・信頼は得られない。会話術の基本から、相手の本音や耳寄りな情報を引き出すコツまで、仕事の場や日常生活で役立つアドバイスを満載。

 
 

料理上手のコツ

料理上手のコツ 〜結婚相談所から結婚式へ〜

料理上手になるコツにも色々ありますが、先ずは色々なものに挑戦することですね。
失敗をする事で上達もします。さじ加減も回数を重ねないと分かりません。
お料理教室に通ったことがあるならば、基本的なものの、調味料の分量を書いて、冷蔵庫に張っておくといいです。

目分量は少し慣れないとできません。一通りの分量をマスターするまで、基本を覚えましょう。
それと、隠し味を覚えることと、スパイスを上手に使うことも大切です。


先ずは一品、料理上手になるために自分流をマスターしてみては?

 
≪お勧めの書籍≫
簡単料理コツのコツ では著者のやまはた のりこさんがこのように書いています。何度か料理に挫折した、身近に料理を教えてくれる人がいない、料理を基礎から学びたい、包丁を一度も握ったことがない、料理上手になりたいと思っている。そんなあなたのために本書ができました。本書の料理を繰り返し作っていただくと、いつの間にか料理のコツをつかみ、自然と基本が身につくように構成されている。  
料理が上手になる魔法のことば では「魚は目を見て、張りを見て」 「ごぼうのささがき、鉛筆削り」 「土から下の野菜は水から、土より上の野菜は熱湯」…など、昔から家庭でもプロでも料理の“知恵のことば”を伝えてきました。 それらを厳選し、新しく創作したことばも加えて、食材選びから、味付け、盛り付けのコツまで簡単につかめ、役立つことばがいっぱいの本です。 

料理上手になるために、料理のコツが分かるサイトの紹介≫


【グルメ王国  料理のコツ 】
読者の投稿サイトで多くの方が経験した料理のコツを投稿しています。

【食材レシピ】
食材レシピは、食材と料理レシピの総合サイトです。全国の様々な食材、様々なレシピをご紹介しています。「料理のさしすせそ」ではお料理のコツを紹介しています。

【食の雑学】
サンマの食べ方から冷蔵庫の有効的な使い方まで、食に関するとても貴重な情報が掲載されています。
煮魚を失敗しないためのコツ、イカを柔らかく煮るコツもあります。

結婚相談所とは?

結納 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結納とは、結婚の確約の儀式、婚約式です。両家が親類となって「結」びついたことをお祝いし、贈り物を「納」め合うということをいいます。一般的には新郎家から、新婦家へ、お金と縁起物の品を納めます。結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになります。他の冠婚葬祭と同様に、地域によってその仕来りは様々です。
最近では、格式張った結納を行わず、結婚式・結婚披露宴に先立って新郎新婦と両親や家族と共にする食事会等で、婚約の確認をする事も多いです。また、仲人を立てないことも多いようです。

近年では、結納を男尊女卑の産物として避ける女性が増えているとの意見もありますが、結納の儀式は男尊女卑として軽視する一方、結納金に相当する金銭の授受だけは要求する女性が増えているとの意見もあります。
                ウィキペディア(Wikipedia)より  

≪結納の手順≫
結納は、地域によって違いはあるようですが、正式には次のような手順で行われます。

仲人が新郎家へ赴いて、結納品を預かります。
仲人が結納品を新婦家へ持参して、手渡します。
新婦家で仲人をもてなします。
新婦家が仲人へ結納品の受書と結納返し(関東では新婦家からの結納品)を預けます。
仲人が新郎家へ結納品の受書と結納返しを持参して、手渡します。

略式には、仲人と新郎家が新婦家へ赴き、結納品と結納返しの授受を行い、新婦家が饗応します。
新郎家・新婦家・仲人が料亭やホテルなどに一同に会して、結納品と結納返しの授受を行い、会食する方法などがあります。 
尚、男性が女性の家に婿に入る婿取り婚の場合は新郎家、新婦家が反対となります。

結納について

関東と関西の結納品の違い 〜結婚相談所から結婚式へ〜

結 納 品
結納品として用いられる物も地域によって違いがあります。結納品にはそれぞれめでたい意味づけがなされています。結納品は水引で豪華に飾られ、一式で数万円から数十万円がかけられます。関東と関西でその内容が異なるようです。結納品の数は5品・7品・9品など奇数とされ、偶数は2で割れることから「別れる」ことに通じるため避けられます。

≪関東の結納品≫
関東では、新郎・新婦とも同格の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされています。結納品は一式ずつ一つの白木台に乗せられ、結納金の半額を結納返しとします。結納品自体は関西よりもシンプルな物であるようです。  

目 録(も く ろ く):結納品の品名と数量を記載。
             関東では目録を一品と数える。 
長熨斗(な が の し):のしアワビ。長寿をイメージ
金包包(きんぽうづつみ):結納金・結納返しをいれる。
             結納金は「御帯料」、結納返しは「御袴料」とも。
勝男武士 (かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
寿 留 女(す る め):スルメ。末永く幸せを願うため
子 生 婦(こ ん ぶ):昆布。子孫繁栄を表す
友 白 髪(ともしらが):白い麻糸。白髪になるまで夫婦仲良く
末 広(す え ひ ろ):白い扇。末広がりの繁栄を願うため
家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

 
≪ 関西の結納品≫
関西では、結納品は新郎側から新婦側へ「納める」ものとされています。新郎側は、結納金の1割程度にあたる価格の結納品を用意します。結納品は関東よりも豪華な物となり、一品ずつ白木の台に乗せられます。新婦側は新郎側へ、結納金の1割程度の額の金品を結納返しとして贈ります。家族書・親族書などが付されることもあります。  

熨    斗(の   し):のしアワビ。長寿をイメージ 
末  広(す え ひ ろ):白い扇。末広がりの繁栄を願うため 
小 袖 料(こそでりょう):結納金を入れる
              (京都では「帯地料」、神戸では「宝金」という)。
結 美 和 (ゆ び わ):婚約指輪。
高  砂(た か さ ご):尉(じょう。老翁。)と姥(うば。老婆。)の人形。
              年老いるまで仲睦まじくという意味
寿 留 女(す る め) :スルメ。末永く幸せを願うため
子 生 婦(こ ん ぶ) :昆布。子孫繁栄を表す
松魚料 (まつうおりょう):鰹節。男性の力強さをイメージ 
柳樽料(やなぎだるりょう):酒樽。家庭円満をイメージ

     結納セット 9品

神前式(しんぜんしき)結婚式

神前式(しんぜんしき)結婚式 〜結婚相談所から結婚式へ〜

≪神前式(しんぜんしき)結婚式


 神前式結婚式の具体的な式順としては巫女の先導で新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順番に入場し、最後に斎主が入場します。

 
巫女が式の始まりを宣言し、斎主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼をします。禊を行う為、斎主が幣を振って穢れを祓います。一堂は起立したまま軽く頭を下げて、これを受けます。斎主が神前で二人の結婚を神に報告して、神の加護を願います。一堂は起立して頭を下げます。
 
三々九度の杯を交わします。新郎が一の杯を受け、次に新婦がその杯を飲み干します。二の杯は新婦から新郎の順、三の杯は新郎から新婦の順で、どの杯も必ず三口で飲み干します。新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げます。新郎が本文を読み、自分の名前の部分は新婦が読みます。玉串を神前に捧げ「二拝二柏手一拝」の順で拝礼して、席に下がるときはお互いに背を向けないように内回りで体の向きを変えます。
 
新郎新婦に続いて媒酌人、親族代表が玉串を捧げます。両家が親族となった誓いを交わし、両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴きます。斎主が式を無事終わらせたことを神に報告して、一拝して、一堂は起立して拝礼します。その後斎主が祝いの挨拶をして、一堂で拝礼します。斎主退場の後、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場します。式の後披露宴に移ります。日本の結婚式のなかでは神前式結婚式が1995年前後まで最も多かったようです。
 
 sz.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。